2006年01月02日

高校サッカーA

84回高校サッカー選手権は2日に2回戦が行われて結果は以下の通り。。。

・西が丘競技場
鹿児島実業(鹿児島)−0上田西(長野)
徳島商(徳島)−0一条(奈良)

・等々力競技場
野洲(滋賀)−2四日市中央(三重)
滝川第二(兵庫)−0中京大中京(愛知)

・三ツ沢球技場
高松商(香川)(6PK5)1麻布大淵野辺(神奈川)
大津(熊本)−0北海(北海道)

・駒場スタジアム
鹿島学園(茨城)−2鵬翔(宮崎)
立正大淞南(島根)−1真岡(栃木)

・埼玉スタジアム2002
浦和東(埼玉)−1明徳義塾(高知)
遠野(岩手)−0東福岡(福岡)

・駒沢競技場
作陽(岡山)−1山形中央(山形)
広島観音(広島)(5PK3)0星陵(石川)

・市原臨海競技場
大阪朝鮮(大阪)−0岐阜工(岐阜)
国見(長崎)−0富山第一(富山)

・柏の葉競技場
多々良学園(山口)−1流通経済大柏(千葉)
青森山田(青森)−1佐賀東(佐賀)

今日から前年4強の県が登場で盛り上がりを見せる高校サッカー。
歴史的な事もあったので注目の試合と共にチェック!

まずは、、、

多々良学園vs流通経済大柏

予想う以上に面白い試合だった♪両校ともしっかりと作られたチームで、さらに個人技もあってレベルの高い試合。
この試合は「FC東京ダービー」と個人的に銘打ってた試合。
多々良学園藤田泰成流経柏近藤佑介※(去年の冬に神戸へレンタル決定)
そのダービーは上に書いたような好ゲームで良かった♪
さらに以前話した通り流経の応援はFC東京の応援歌が多かった。
「ルパン、バモバモ、戦え〜俺の東京♪、立ち上がってみんなで歌おう♪、攻撃ー攻撃ー原東京♪」と聞いていてニヤリとさせられた♪※もちろん東京の部分は柏だったり流経にチェンジ
他には地元の柏レイソルの柏オレオレなんかもあって試合+応援で好ゲーム♪

青森山田vs佐賀東

FC東京に入団が決定してる小沢竜巳を観に行ったと言っても嘘じゃない。
ただ試合は80〜90%青森が支配していて個人技と小気味良いパス回しで開いてゴール前に攻め込むも綺麗にしようとし過ぎるのかシュートをなかなか打たず逆にカウンターで失点などやや消化不良な内容。
注目の小沢君も運動量豊富でフリーの時ボールを要求するもパスが回ってこなく大きな見せ場は無しで残念。
次もこんな感じの試合だったら東京サポもたくさん来てたし「シュート打て!」コールが出るかも!?

記録的な事とは、
0102001077.jpg
選手権史上初の女性主審!
麻布大渕野辺―高松商で、選手権史上初めて女性主審大岩真由美さん

インターハイで主審実績もあったから問題ないジャッジだったんだろうね。


posted by ロンドン at 23:39| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー話(Jリーグ・代表・高校ets...) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
BS blog Ranking ブログランキングranQ 人気blogランキングへ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。