2009年03月18日

東松山飲み食い紀行

毎回、東松山を満喫のロンドン
今回も今回とてMr.Yに案内されて松山を満喫に出発ぴかぴか(新しい)

今回は毎回行きたかったけど、行こうとする日が休業日に当って行く事が出来なかった、やきとり「竜馬」

ryouma00.JPG

やきとんの店が軒を連ねる通りとは少し離れてる場所にあって、ポツンと位置。店名の由来は店主が坂本竜馬が好きな模様で店内に坂本竜馬ゆかりの地を訪れた店主の写真が張ってあった。


さ〜て!注文注文グッド(上向き矢印)
※写真はクリックで拡大出来ますw



ryouma01.JPG

「生ビール」&「ウーロンハイ」


ぷは〜♪

やきとりを食べ始める前はビールでノドを潤して焼き上がりを待つるんるん


ryouma02.JPG

「やきとり(とん)」

左から「鳥皮」「かしら(やきとん)」「鳥もも」

ryouma03.JPG

「かしら」に竜馬オリジナルの辛味噌を付けるるんるん

竜馬の辛味噌は味噌の味が強い。辛さもあるけど味噌が強く、今まで食べてきた松山の辛味噌とは違う。コレはこれで有りだなと思いつつ食す。
肉の食感も若干違う感じもして「ふむふむ」とビールと合わせて美味しいるんるん


ずっと行きたかった竜馬で味わったので、いつものようにサッと2軒目に。




ryouma04.JPG

2軒目は何度か行った事のある「一休」

ここでMr.Yの地元ののん兵衛の皆さんと合流。
この一休はオープンカフェ形態の店なので、外気に触れながらの飲み。昼間は暖かくなっても夜は冷えが強くなる。

ryouma06.jpg

焼酎のお湯割りを飲みつつやきとりを食べつつ盛り上がる。
一休はやきとりのみで、お酒は無いので持参との事。何度か一休で地元ののん兵衛の皆さんと飲んだけど日本酒、ビール、焼酎と揃っていて豪華ぴかぴか(新しい)

やきとりも50〜100円とリーズナブルだけど美味しいるんるん
黙々と焼くおばちゃんを横目に飲むのも味なもんだ。

適度に飲んで騒いでMr.NEWの誘いでミステリーツアーに行こうかの話になったものの、お馴染みのおねーちゃんのいる店へ行ったとか行かなかったとか。


そして夜は更けて行くのだった・・・




竜馬→竜馬HP
一休→一休の紹介ページ


東松山のやきとり豆知識
※東松山市のやきとりは豚肉。特に頭肉(かしらにく)を利用したものが主流で、軽く塩焼きしたものをピリ辛味噌だれで食べるのが一般的。豚肉も鶏肉も利用することから、平仮名で「やきとり」と呼んでいる。東松山駅を降りるとやきとり屋が多く点在しているが、売り切れ次第閉店の店もある。日本初のやきとり組合のある街でもある。最近はテイクアウト専門の店「やきとりひびき」もできている。※ウィキペディアより抜粋


posted by ロンドン at 22:22| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | THE☆飲食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
BS blog Ranking ブログランキングranQ 人気blogランキングへ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。