2009年04月17日

御衣黄(緑の桜)

東京都内で桜も散って緑の葉が眩しいこの頃。

多摩森林科学園に、葉ではなくて、花びらが緑色の桜があるとの事で、調べると「御衣黄(ギョイコウ)」の名前。
そうとなったら、さっそく観賞しに行ってきたるんるん

gyoikou00.JPG
※写真はクリックで拡大出来ますw

色々な桜が咲いていて写真撮りまくったけど、今回は緑色の桜「御衣黄」のみUPで話を進めていこうかとぴかぴか(新しい)


見えますか?

ほぼ満開だけど、ソメイヨシノ等の様に咲き誇ってキレイって感じではなくポツポツと可愛らしく緑色の花が咲いていて葉桜と間違えて通り過ぎて行く人が結構いた。

徐々に拡大して接写写真をUPるんるん
※写真は全てクリックで拡大出来ますw


gyoikou01.JPG

葉の間に少し咲く緑色の花ぴかぴか(新しい)


gyoikou02.JPG

なんて可憐なんでしょぴかぴか(新しい)


gyoikou03.JPG

gyoikou04.JPG

gyoikou05.JPG

■御衣黄(ギョイコウ)サトザクラ
小輪八重咲きで、花の色が淡黄緑色という非常に変わった珍しい花。花弁は反り返り、花の盛りを過ぎると花弁の中央に紅色の線が現れる。緑色の花弁は、葉から変化した事を物語っている。名は天皇のお召しになる衣服の色から由来するという。
開花時期は4月下旬。


gyoikou06.JPG
▲ベストショットカメラ

この日は雨が降ったり止んだりで雨露が花びらに滴って美しさが増していた。天気が余り良くなかったので花見の人が少なくジックリとその場で見惚れてたるんるん
現場では分らなかったけど写真で見ると説明通り花びらが何枚にも重なって綺麗でカワイイぴかぴか(新しい)


gyoikou07.JPG

これも同じ御衣黄で、同じ1本の木から咲いてるけど緑ではなく白っぽい。花の感じは重なってソレっぽいけど、同じ幹から色違いが。



gyoikou08.JPG

メインの花がピンボケの写真で終わり。。。


参考→多摩森林科学園


posted by ロンドン at 11:11| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
BS blog Ranking ブログランキングranQ 人気blogランキングへ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。