2010年04月18日

7節:東京−京都

2010年J1リーグ第7節

   東京 1 − 1 京都

得点者:重松2           角田
                  
観衆:18350人
@味の素スタジアム

kyouto10h00.JPG

週中のナビスコ杯で活躍したリカルジーニョがリーフ戦初出場で期待の高まった1戦だったけど・・・



kyouto10h01.JPG

kyouto10h03.JPG

京都のシュートの当たり損ねがDFに当たって跳ね返りが角田の前に転がると、それを決められて先制を許す。その後は前半からドン引きで守って時間稼ぎまでする京都を中々崩せずイライラな試合。

引かれてスペースはなかったけど無難な横パスに終始してチャレンジが無く連動性にも乏しかった。




kyouto10h02.JPG

後半の選手交代で重松の動きの良さや、中村北斗の前へ前へのプレーが流れを変えてチームの運動量も増えてPKを誘って同点。








kyouto10h04.JPG

京都が引き過ぎなのもあるけど、攻める時のアグレッシブさが欲しい。




posted by ロンドン at 22:22| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー話(Jリーグ・代表・高校ets...) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
BS blog Ranking ブログランキングranQ 人気blogランキングへ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。