2006年04月17日

8節:東京−千葉

2006年J1リーグ第8節

   FC東京 2 − 3 千葉

得点者 2試合連続弾☆ルーカスB    巻
     公式戦初得点☆赤嶺@       巻
                         クルプニコビッチ

観衆:21190人
@味の素スタジアム

残念ながら前節ジュビロ磐田に快勝したサッカーは見られず完敗。
試合開始から千葉の出足が鋭く前線から積極的にプレッシャーをかけてボールを奪う。ボールを奪ったら千葉らしく人もボールも良く動くサッカーで見事な攻撃を見せて東京は防戦一方。
こぼれ球も千葉が豊富な運動量と鋭い出足でほとんどキープするので東京は息つく暇が無くマークがずれてそこから前半で2失点。

全く良いところ無しで前半終了。

悪い流れを経つべく後半開始から3人交代。
伊野波→赤嶺
栗沢→川口
ササ→ジャーン

開始前に「意地見せろ!意地見せろ!!」コールも飛び出す。

ただ、それも実らず後半最初に得点奪ったのは千葉。

それから後は吹っ切れたのか戦術関係無しにガムシャラさと気合で前へ前へともう気合!
徐々に流れが東京に来て、市原の選手がPA内でハンドの反則。
東京はルーカスがきっちりPKを決めて2試合連続得点で1−3と追い上げムード!
その後も東京の勢いは止まらず猛攻を繰り返す。そのプレッシャーに怯んだのかGK立石がファンブル!こぼれた所をルーキー赤嶺が押し込んで2−3
akamine.JPG
嬉しい公式戦初ゴールの赤嶺♪

その後は一進一退の攻防になり残念ながら同点弾を奪えず試合終了。

前半の駄目っぷりを考えればよく追い上げたけど後半は戦術は無かったようなもんだし、まだまだこれからだねぇ〜

気になった千葉のプレー。少しの強さと引き換えにオーバーリアクションも使うようになったようで痛がるそぶりみせて時間稼いでピッチの外に出たらケロっと。。。一時期の鹿島かよ!

Ousadia(オウザヂィア)〜信頼・勇気・挑戦〜
VAMOS TOKYO!


posted by ロンドン at 05:05| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー話(Jリーグ・代表・高校ets...) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
BS blog Ranking ブログランキングranQ 人気blogランキングへ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。