2006年10月24日

旅の贈りもの0:00発

「VOCALIST2」が初登場から5週連続でベスト10にランクインしてまだまだ絶好調発売中の徳永英明が映画初出演で注目が集まる「旅の贈りもの★0:00発」
※ブログ内「VOCALIST2」の記事→ココをクリック
tabioku.jpg
※写真はクリックで拡大出来ますw

旅の贈りもの★0:00発

10月7日からロードショウ開始したので銀座テアトルシネマにさっそく行ってきました〜♪

tabioku.JPG
前売りチケットを買いに来た時は無かった大きな看板

さっそく館内に・・・

tabioku1.JPG
座席数は150と小さくも綺麗。

そんな訳で定刻に放映開始!

雑踏の中の大阪の街。
その中を、心に傷を負った人達が大阪駅を0:00分に出発する目的地の分からない列車に乗り込む所から物語は始まる。
心に傷を負った人。夢破れた人。リストラに遭った人。妻に先立たれた人。鉄道好き。旅好きなどなどたくさんの人を乗せて0:00分に出発!

終点は「風町」と云う無人駅。
駅を降りて周りを見ると自然に囲まれて少し歩けば海がある絶好のロケーション!ただスーパーやコンビニといった都会では当たり前の施設や店が全く無く観光名所のような場所も無い。

町の中を歩いていると誰もが声をかけてきて暖かく接してくれる。戸惑う旅人たち。そんな環境で町の人たちと触れ合いながら数日を過ごすと、今までどんなに早足で生活してきたんだろうと。そして忘れていた感情が蘇る。
それぞれ風町の人と触れ合い考え悩みも解消し、来た時とは別人のような生き生きとした表情に。

旅にはいつか終わりが来る訳でみんな名残惜しくも自然に包まれて暖かい町を後に元の生活に戻る事に。

tabioku2.JPG
映画の中で越智太一(徳永英明)由香(桜井淳子)にあげた靴


1人1人それぞれ悩みを抱えていたけど「風町」に住む人々の誰にも優しく暖かい人間味溢れる人たちとの交流で、都会では生き急いで周りが見えなくなってた旅人が、自然や町の人に触れ合う事で少しずつ心と体のこわばりが取れていく様子。やさしさがやさしさを生む事を教えてくれたり、海や自然、町並みも最高に綺麗で見応えありクライマックスは感動感動の映画だった♪
そして物語の要所で流れた徳ちゃんの「happiness」!感動を倍以上にしてくれ涙が出そうになった!映画の内容になんて合ってるんだろ!!さらに追い討ちをかけるように徳ちゃんの歌う「時代」!こんなに効果的に流されたらやばいって・・・

そして徳ちゃんの演技は・・・
初め「棒ヨミ!?」のような箇所もあったけど(笑)島唯一の医者をさわやかに演じてた!登場シーンも多く、主演の桜井淳子との絡みも多く印象に残るセリフも多数だったけど見事でした♪撮影の合間にサーフィンに行ったりしてたようなのでメッチャ日に焼けてたけど(笑)

名セリフ「ゆっくり歩くと 見えるものがある」

ホント!こんな場所でゆったり出来たら最高!
旅がしたくなったー!!

「恋をしてゆこう」が聴きたくなった〜♪

tabioku3.JPG
旅の贈りもの弁当は既に売り切れ。
映画を見てから大丸の東京店「旅の贈りもの弁当」を買いに行くも、1日限定40食なので残念ながら売り切れ。映画放映中は発売するみたいなので時間を見つけて買いに行きたいなw

最後に1つ注文(?)は、エンディング曲の「いい日旅立ち」も徳ちゃんバージョンだったらな〜

あっ!そうそう!!
0:00分に出発する列車はEF58と客車マイティ49 2で共に雰囲気あってすごく良かった!特にマイティは皇族や華族、軍人が主に使用していた車両だったらしく、本当に華やかで格調高い感じが伝わってきたw


posted by ロンドン at 07:07| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | TV・ドラマ・映画・演劇など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
BS blog Ranking ブログランキングranQ 人気blogランキングへ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。