2006年11月09日

ロンドンブリッジ

ロンドンブリッジ 牝馬 栗毛 
londonburijji.JPG
1995年5月6日生まれ
父:ドクターデヴィアス
母:オールフォーロンドン
母父:Danzig
栗東:中尾謙太郎厩舎
馬主:(有)下河辺牧場

−全成績−
6戦3勝 勝ち鞍:ファンタジーS(GV)、新馬戦、500万下
seisekilondon.JPG
※クリックで拡大出来ますw

−可憐な快速牝馬ロンドンブリッジ−
見栄えのする美しい栗色の馬体にスッと可憐な流星。見た人の視線を釘付けにするルックスと素晴らしいスピードに恵まれた才色兼備のグッドホース。
デビュー戦、2戦目とスピードの違いで他馬に影を踏ませる事無く圧巻の勝利。勝ち時計も優秀で来年の桜花賞馬との声が出るほどの強さ。

3戦目はGVファンタジーS。
londonburijji1.jpg
ややスタートで後手を踏むも楽に族し上げて好位をキープ。直線追い出されるとしっかりした脚取りで伸び、後の阪神ジュベナイルF(旧阪神3歳牝馬S)1、3着馬のアインブライドとダンツシリウスに快勝!

ファンタジーS後は阪神ジュベナイルFを目指すも熱発などアクシデントがあり出走出来ず、年明け以後も順調さを欠いた。

桜花賞は4番人気の低評価ながらハイペースを逃げ粘り2着と頑張る。オークスは距離不向きもあって10着と大敗。

秋競馬に復活を目指したが屈腱炎を発症し引退。

母になってからは自身の果たせなかったGT制覇を娘のダイワエルシエーロが達成!息子のビッグプラネットもGVアーリントンC・京都金杯を制覇!
自身のスピードを子供にしっかりと引き継ぎ優秀な母親に。


☆思い出☆
なんと言っても重賞制覇のファンタジーS。
好位からの競馬で快勝。最後の直線は、日の光を浴びて栗毛の体を美しく照らし、白を貴重とした勝負服と非常に合っていて、強さと美しさがもの凄く印象に残りファンになった。
さらに翌年の桜花賞で1番人気と2番人気の馬を切ってロンドンブリッジ〜ファレノプシスの馬券を的中させた事も思い出。

ロンドンのHNはロンドンブリッジから拝借♪




☆ロンドンブリッジ産駒☆


ダイワエルシエーロ(父サンデーサイレンス) 12戦5勝
オークス(GT)、クイーンC(GV)、京阪杯(GV)、マーメイドS(GV)、新馬戦

ビッグプラネット(父ブライアンズタイム) 13戦3勝
アーリントンC(GV)、京都金杯(GV) 、新馬戦

ビッグカポネ(父ブライアンズタイム) 26戦5勝
未勝利戦、如意ヶ嶽特別(500万)、戎橋特別(500万)、大須特別(1000万)、名古屋城S(1600万)
※現役

ダイワディライト(父アフリート) 4戦3勝
未勝利戦、500万、青梅特別(1000万)、
※現役

ダイワスピリット(父ダンスインザダーク) 4戦1勝
未勝利戦、
※現役

ゴッドフェニックス(父ブライアンズタイム)


ロンドンブリッジ2007(父アグネスタキオン)


※2008年07月01日現在

posted by ロンドン at 22:22| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
BS blog Ranking ブログランキングranQ 人気blogランキングへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。