2007年01月04日

06〜07POG前半戦回顧

さて、早いもので2007年がスタート。

POGでは前半戦が終わり後半のスタートと言う事に。後半はクラシックなどGTや重賞が多数あって賞金も高く前半で負けていても逆転の可能性も有り前半以上に盛り上がる事は確実。

aoakarogo2.bmp
※ルール、参加者などはバナーをクリックw

今回は過去に無いくらい好成績を挙げた前半戦を振り返って、もう直ぐ始まる後半戦の展望をしてみようかと・・・


今年は前半戦45戦(51戦)を消化

※ドラフト日の2006年7月15日以降の成績。
※( )内は前シーズン。以下の( )内も前シーズン。

★'06〜'07指名馬★

若干出走数は前年を下回ってる。
ただ、毎週のように出走馬がいた感じを受けるので全然少なさを感じないし、逆に出走自体は多く感じていた。
後は出走は多いに越した事はないが、成績がともなっていないと寂しさがあるので成績はどうだったかと云うと・・・

06〜07の前半戦成績は・・・

9−12−3−5−4−12

※左から1・2・3・4・5・6着以下。

総賞金:1億5465万円

(7−9−6−12−2−15)
(総賞金:1億1208万円)

前シーズンより成績上昇!
特筆すべきは連対率の高さ!複勝率も大幅アップ!入着率はそう変わらないものの上回り全てでアップ。この成績は後半戦に向けて上々の成績ともいえる。
後で出てくるが、前半は重賞勝ちは無いものの2着が2回あったし、期間外を含めて前半だけで10戦して500万クラスで2着を4回記録したコンゴウダイオーなどの活躍もあって前年より獲得賞金が大幅アップ。
ただ、順位は3/5位なので後半はもっともっと頑張ってもらわないといけない。。

勝ち星の内訳は・・・

・新馬戦:3勝(2勝)
・未勝利:3勝(3勝)
・500万:2勝(1勝)
・OP:1勝(1勝)
・重賞0勝(0勝)

まあまあ、かな。。。
そんなに去年とは変わらないけど未勝利を勝った馬3頭とも新馬戦で2着した後の2戦目できっちり勝ちあがり。
更には500万を勝った2頭は特別戦なので、平場だった前シーズンに比べて内容はアップ。

前半戦で活躍した馬ベスト5は・・・

1位:フライングアップル 3980万円
2位:インパーフェクト  2240万円
3位:アサクサキングス 2020万円
4位:ヴィクトリー    2000万円
5位:コンゴウダイオー 1470万円


前シーズンは牝馬のエイシンアモーレがトップも今シーズンの上位は全て牡馬。牝馬を20頭中5頭しか指名してないが極端な結果。
牝馬はまだ賞金を1円も稼いでない・・・

1位はフライングアップル
レベルの高い札幌デビューで2勝目が福島の特別戦。そして東京スポーツ杯2歳Sで朝日杯FS馬のドリームジャーニーに先着し、重賞2勝馬フサイチホウオーと差の無い競馬を見せてGTでも差の無い競馬を見せて後半戦も期待が持てる。
単なる早熟馬とは思えないので成長して、3歳初戦の共同通信杯で姿を見せてくれるはず。
・きんもくせい特別 ・・東京スポーツ杯2歳S:2着

2位はインパーフェクト
コスモバルク2世と話題豊富で世代初のOP戦を勝ってくれた。それ以降は厩舎が変わったりレースでチグハグして結果が出てないが的鞍を模索して後半戦に再度話題の中心へ!
・ラベンダー賞

3位はアサクサキングス
関西馬ながらデビュー戦、2戦目と東京競馬場でレースし連勝。スパッと切れる脚は無いが長く良い脚が使え、重賞で一級戦の馬と戦っても遜色なかったので後半戦も期待!
・百日草特別 ・ラジオNIKKEI杯2歳S:5着

4位はヴィクトリー
クラシック制覇を目指しローテーションを決め期待に応えるポテンシャルを見せている。気性が激しく乗り難しいけど秘める力は世代最高峰。
・ラジオNIKKEI杯2歳S:2着

5位はコンゴウダイオー
2歳戦手駒として指名し期待に応える活躍。芝だと単調で現時点で能力的に厳しいがダートだと1勝2着4回と2勝目間近。中1週で使い詰めなので上積みはほとんど無いだろうけどダートの短い所なら相手、展開次第で2勝は出来そう。ありがたい馬。
・500万下平場・特別で2着4回

その他で名牝ロンドンブリッジの子供ダイワディライトはスピード能力が突出していて芝・ダーと問わず短距離なら大きい所を狙えそうで非常に楽しみな馬。
今シーズンは昨シーズンに比べて故障は少ないけど調整が遅れてデビューが遅い馬が多くそこが心配。
この1回開催中にドラフト1位のアステリオンなど数頭デビューするのでポンポンと勝ってクラシックに乗ってくれるといいけど・・・

前半戦を数字で・・・

勝率:0.200(0.137)
連対率:0.466(0.313)
複勝率:0.533(0.431)
入着率:0.733(0.705)

ココまで前半を振り返ってみると牡馬戦線はクラシック、スプリントと手駒があって楽しみ。ただ牝馬はよっぽどの事がない限り苦しい・・・。
まずは無事に怪我無く走って結果が付いてくれば。

さあ!後半戦のスタート!!

★'06〜'07指名馬★


posted by ロンドン at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | POG指名馬短評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
BS blog Ranking ブログランキングranQ 人気blogランキングへ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。