2007年02月12日

きさらぎ賞−快勝−

どもども。
今年は暖冬で東京では雪が降らず記録更新中とか。
そしてPOGでも指名馬のアサクサキングスが名馬の登竜門「きさらぎ賞(GV)」を快勝し苦難続きだった今季のPOGでも春が来ました〜♪
kisaragi07go.JPG
ゴール直後のアサクサキングス

指名馬のアサクサキングスがきさらぎ賞を快勝!
レース等を振り返ってみる事に・・・


京都11R きさらぎ賞(GV) 芝1800 8頭

【出走馬】
1枠1番クリノアドベンチャ 56 幸英明
2枠2番マルカラボンバ 56 川原正一
3枠3番ナムラマース 57 O.ペリエ
4枠4番オーシャンクルーズ 56 本田優
5枠5番サムライタイガース 56 安藤勝己
6枠6番オーシャンエイプス 56 武豊
7枠7番アサクサキングス 56 四位洋文
8枠8番アドマイヤヘッド 56 岩田康誠

札幌2歳チャンピオンに恐れをなしたか、1戦1勝もデビュー戦のインパクトが大きかったオーシャンエイプスに恐れをなしたか、京成杯馬に完勝しているアサクサキングスに恐れをなしたか定かでないが出走頭数は登録の15頭から約半分の8頭と寂しくなった。

馬体重は前走と変わらず488s。
前走は若干の調整ミスがあって−10sだったので少し増えてくれてると良かったが気配は抜群。

【最終オッズ】
1番人気オーシャンエイプス 1.3
2番人気ナムラマース 4.0
3番人気アサクサキングス 9.1
4番人気サムライタイガース 24.5
5番人気アドマイヤヘッド 38.5
6番人気オーシャンクルーズ 73.8
7番人気マルカラボンバ 128.8
8番人気クリノアドベンチャ 252.4

1戦1勝のオーシャンエイプスが過剰に人気を集めてキングスは3番人気。当日の7Rで鞍上四位が落馬負傷で武幸四郎に乗り代わりとなって人気が少しダウン。

kings002.JPG
輪乗り中w
本馬場入場から発送を待つ輪乗りでは落ち着いてるように見えるもTVリポーターによるとキングスはチャカついているとの事。

そしてファンファーレが鳴り響きゲートイン。

kings003.JPG
前走と違ってスタートを決め周りを牽制しながら鞍上の幸四郎は馬の行く気に任せて先頭に立つ。
「ゲートの後ろで待っている時からやる気になってましたから」とキングスのやる気は良い方に!
サムライもスッと来たが特別行く気もなさそうなので制して他に絡んでくる馬もいなく短期逃げの形に。エイプスとナムラは後方で流れに乗る。
kings004.JPG
前半800の地点では後続とこの位の差。「気分良く走らせて変に抑えないようにした」と鞍上。そこにはキングスに代打騎乗が決まって直ぐに負傷した四位Jから「前へ行った方がいい」とアドバイスを受けていた事もあった。
kings005.JPG
そのまま馬の行く気に任せつつも絶妙にペースを落とし息を入れさせる。1000mの通過が61.7とスローな為キングスはスイスイと1人旅。3コーナでもコレだけのリードを保って回る。
ココからこの馬の持ち味であるバテ無く長く良い脚を使う特徴を引き出す幸四郎の好騎乗。スピードを上げて後続を引き離す。
kings006.JPG
絶妙に後続を引き離し直線を迎えたので有力所はまだまだ後方。やばいと思ったのかエイプスが先に動き出す。ナムラはいつも通り反応がワンテンポ遅れる。
kings007.JPG
後続が迫って来てもバテる事無く力強く末を延ばしてエイプス、サムライ、そしてマースが激しい2着争いをする中で影を踏ませず快勝!
kisaragi07.JPG
3コーナーからのロングスパートで圧勝!!
アサクサキングスは嬉しい重賞初制覇で通算成績を4戦3勝としたw
見事な騎乗を見せた武幸四郎は「(突然の騎乗以来に)いつも見ていた馬だから緊張は無かった。昨年(札幌日経賞)コスモバルクの方が緊張した。3・4コーナーでは遊んだりもしてたけど直線でGOサインを出したらしっかり走ってくれました。」

・アサクサキングス
父:ホワイトマズル
母:クルーピアスター
母父:サンデーサイレンス
厩舎:栗東・大久保龍
kings008.JPG
武幸四郎Jは急遽の代打騎乗をお見事の手綱さばき!

【レース結果】
1着 アサクサキングス 武幸四郎  1分48秒8
2着 ナムラマース   ペリエ
3着 サムライタイガース 安藤勝己
4着 オーシャンエルプス 武豊
5着 オーシャンクルーズ 本田優
6着 アドマイヤヘッド  岩田康成
7着 クリノアドベンチャ 幸英明
8着 マルカラボンバ   川原正一

kings009.JPG
前走は発馬で後手を踏んだのと直線で受けた大きな不利があってこの馬の本来の力ではなく、これがキングスの力だって事を見せ付ける快勝は最高の一言♪
上がりは3ハロンではなく4ハロン5ハロンで見たほうがこの馬の強さが分かるねw
ココを快勝しても「小頭数だった」「スローペース」だった等々言われるかもしれないけど弱い馬はこんな競馬出来ません!ハンデ戦でもない訳だし。

この分で行くと次走も人気無は無さそう。だけど勝ち負けはするだろうし馬券妙味もあるアサクサキングスは注目ですよ!

そんな訳で2007年名馬の登竜門「きさらぎ賞」はアサクサキングスが快勝して有力クラシック候補に名乗りを上げた!


posted by ロンドン at 11:11| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(2) | POG話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おめでと〜♪
アサクサキングスに関しては賞賛以外ないよ☆
スローだったから逃げ切れた云々ではなく、
逃げたというよりこの馬自身のペースを守って走ったようなもんで
そんなペースを読めない後続の騎手たちが下手くそなだけ。
見た目的には逃げ切りかもしれないけど
多頭数だったとしても普通に先行抜け出しになってたんじゃないかな?
強い競馬でしたわ。

Posted by きんぐ at 2007年02月12日 16:25
きんぐ、ありがと〜
きさらぎ賞見てたかい^^
なかなかの芸当をやってのけてくれたよねw
ペリエなんかはもっと早く仕掛けてきそうなものを相手は武のみと決めてたんかねぇ^^
勝ちに行く競馬じゃなかったねアレは。。
キングスは次走もオススメだよ。きっと人気無いから(^−^;
Posted by ロンドン at 2007年02月13日 00:34
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

狙いとキャリアの無さの差!? (きさらぎ賞&ダイヤモンドS回顧)
Excerpt: いくら寝ても眠い時ってありますよね それって疲れてるからなのか身体がだらけモードに入ってるのかどっちなのか気になる所です そんな他愛も無い事は置いといて昨日の回顧いきますね..
Weblog: 江戸っ鯉の叫んで  踊れ
Tracked: 2007-02-12 17:01

きさらぎ賞 結果 〜オーシャンエイプス4着に敗れる!
Excerpt: 2007年2月11日(日) 2回京都6日 11R 第47回 きさらぎ賞(G3) サラ系3歳 1800m 芝・右 外 (混合)(特指) オープン 別定 本賞金: 4200、 1700、 110..
Weblog: 競馬予想ブログ 複勝馬券生活
Tracked: 2007-02-13 00:53
BS blog Ranking ブログランキングranQ 人気blogランキングへ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。