2007年03月15日

スプリングS展望2

近年は多くのGT馬を排出している「スプリングS(GU)」の出走馬が決まった。
登録は多かったものの出走馬は11頭とフルゲート割れに。
supuringutenbou07.JPG

【出走馬】
エーシンピーシー 56 蛯名正義
サンツェッペリン 56 松岡正海
シベリアンバード 56 田中勝春
ショウワモダン 56 勝浦正樹
スクリーンヒーロー 56 木幡初広
スズカライアン 56 四位洋文
ニードルポイント 56 江田照男
フェラーリピサ 56 柴田善臣
フライングアップル 56 横山典弘
フリオーソ 56 中舘英二
マイネルシーガル 56 後藤浩輝


有力出走馬評を・・・


santuxeperin.jpg
サンツェッペリン
父:テンビー
母:プラントオジジアン
出走馬中唯一の重賞ホース。元々弥生賞を予定していたが熱発の影響もありこのレースに出走。ココまでキャリア豊富で逃げ差し自在の脚質なので紛れの多い中山1800も問題無さそう。
前走は絡まれずマイペースで逃げれたとは云え終いもしっかりして逃げた方がこの馬の持ち味が1番生きそう。今回も頭数落ち着いて、逃げたい馬は初芝になる馬なので先手を取れれば再度の逃げ切り。

appll.jpg
フライングアップル
父:ラーイ
母:ローザロバータ
今年のクラシック主役級のフサイチホウオーと2回走って共に半馬身及ばずの敗戦なので、この馬も重賞級の力がある事は容易。センスがあって使う毎に体がたくましくなってきているので持って生まれたレースセンスと合わせて初重賞制覇を。
何よりもPO馬。初重賞制覇を!

si-garu.jpg
マイネルシーガル
父:ゼンノエルシド
母:エイシンアイノウタ
通算成績4戦3勝とまだ底を見せていなく注目の存在もココまで1級戦と戦ったのは朝日杯のみでそのときは完敗と良いところが無かった。この後のGTで好走する為にもココは試金石に。

ferapisa.jpg
フェラーリピサ
父:タッチゴールド
母:ドリータルボ
芝の新馬戦は後の重賞ホースに半馬身及ばず敗戦も、未勝利、OPとダートのレースで力の違いを見せ付けて2連勝。新馬以来の芝のレースになるしダートでの勝ちっぷりが素晴らしかったのでどうか。それと鞍上。。。

フリオーソは2戦目の芝レースでダートGT馬の巻き返しがあるか!?

他には500万特別を勝ってきたエーシンピーシーショウワモダンシベリアンバードも展開次第で。


posted by ロンドン at 19:19| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
BS blog Ranking ブログランキングranQ 人気blogランキングへ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。