2007年03月15日

若葉S−展望−

皐月賞トライアル「若葉S」
近年はこのレースを勝った馬はクラシックに勝っていないが、その後のGT戦線で活躍する馬も多く軽視できないレース。
何と出走頭数が9頭と皐月賞のトライアルとしては珍しいくらいの小頭数。
wakabastenbou.JPG

ヴィクトリー 56 岩田康誠
クリノアドベンチャ 56 藤岡佑介
ゴールドキリシマ 56 石橋守
サンライズマックス 56 池添謙一
ジークムント 56 安藤勝己
ナタラージャ 56 武豊
ネイキッド 56 小牧太
マイネルアナハイム 56 武幸四郎
マンハッタンバー 56 川島信二

※赤字はPO馬

今年の出走馬は9頭と例年に無く少なくなった。
出走馬とデータを・・・


【有力馬】

victry000.jpg
ヴィクトリー
父:ブライアンズタイム
母:グレースアドマイヤ

natara-jya.jpg
ナタラージャ
父:ダンスインザダーク
母:ニキーヤ

ji-kumunto.jpg
父:サクラバクシンオー
母:ヴィクトリーバンク

【データ】阪神に開催が変わった7年。

【馬記号別成績】
父内国産馬:1−1−1−18 連対率9.5%
その他内国産馬:6−6−6−51 連対率17.4%
人気になるだろうナタラージャ、ジークムントは父内国産馬。
さらに、クリノアドベンチャ、ゴールドキリシマ、サンライズマックス、マイネルアナハイム、マンハッタンバーも父内国産。
残るは、ヴィクトリーとネイキッド。

【前走】
新馬・未勝利:1−0−0−8 連対率11.1%
500万:1−3−2−21 連対率14.8%
OP:2−1−1−18 連対率13.6%
GV:2−3−2−16 連対率21.7
GU:0−1−0−0 連対率100%
GT:0−0−1−0 連対率0%
地方の競走:0−0−1−6 連対率0%
前走が重賞の馬は好成績で、対照的に新馬・未勝利勝ちからの馬の成績は振るわない。
ヴィクトリーにプラス、ナタラージャ・ジークムントは厳しいデータ。

その他では前走2000メートル以上のレースを経験をしている馬が好成績を挙げているのと、デビュー勝ちした馬はココ6年連続連対5連勝とデビュー勝ちは若葉Sを制覇するには必要。

気性面の成長が気になるところだけどデータからもヴィクトリーが勝ちに1番近い!?


posted by ロンドン at 22:22| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
BS blog Ranking ブログランキングranQ 人気blogランキングへ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。