2007年08月23日

Cruz del Sur

アルパ奏者上松美香のNEWアルバム

cruzdelsur.jpg
Cruz del Sur(クルス・デル・スル)

22日に発売されたCDで、南米のハープ「アルパ」で南米の曲を弾くコンセプトで作られたアルバム。ちなみにタイトルの「Cruz del Sur」は南十字星と云う意味w
前作「ANIPA」で結成したANIPA BANDが、このCDに合わせてCruzとして集結し制作。
そんな訳でメンバーは上松美香(アルパ)、藤間仁(ギター)、山下由紀子(パーカッション)、須永和広(ベース)とお馴染みの4人♪



cruzdelsur0.JPG
【収録曲】
01.コパカバーナ−COPACABANA−
02.アルマンドのルンバ−ARMANDO'S RHUMBA−
03.ヴィラの魔法−FEITICO DA VILA−
04.小粋な悪魔−EL DIABLO SUELTO−
05.コーヒールンバ−MOLIENDO CAFE−
06.想いの届く日−EL DIA QUIERAS−
07.馬追いの少年−EL ARRIERITO−
08.ラ・ビキーナ−LA BIKINA−
09.インディオノバラード−LA BALADA DEL INDIO−
10.エル・カスカベル−EL CASCABEL−
11.波−WAVE−
12.南十字星−CRUZ DEL SUR−※
※はCruzオリジナル

全編南米の曲を集めただけあって、夏のこの時期にピッタリのアルバム!以前からライブでお馴染みの曲もあって耳馴染んでいるのもあるけど、南米の曲はやっぱり『夏』に合う曲ばかりで、聴いてると蒸し暑さを取り払ってくれる。

1曲目の「コパカバーナ」は波の音から。目を閉じながら聴くとその演出で自分が海に来て休日を満喫しているかのような錯覚に。

「コーヒールンバ」「ラ・ビキーナ」は以前発売されたアルバムに収録されているものの、楽譜の無いアルパは弾き手の成長や感情で形を変えるので、Cruzとして再収録された2曲は新たな1面を見せてくれた。

曲順も良く考えられていて、南米の雰囲気を出して盛り上げて、最後の締めはしっとりと「南十字星」で締める。南米の曲で高揚した気分をクールダウン。ゆったりとした気分にしてくれる。

かなり良い出来です♪

cruzdelsur1.JPG
サイン色紙
「SEASON CONCERT・夏」の時に「Cruz del Sur」を事前予約しておいたので発売日にCDと一緒に届いた♪


posted by ロンドン at 20:20| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(1) | 素敵な音楽♪ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

『Cruz del Sur』 Cruz+上松美香
Excerpt: アルパ奏者・上松美香のニューアルバムですが、アーティスト表記が”Cruz+上松美香”となっています。”Cruz(クルス)”というのはギターの藤間仁、パーカッションの山下由紀子、ベースの須長和広、それに..
Weblog: 【徒然なるままに・・・】
Tracked: 2007-09-17 20:10
BS blog Ranking ブログランキングranQ 人気blogランキングへ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。