2007年12月02日

ゼイタクビョウ

11月21日に発売なったONE OK ROCK(ワンオクロック)のNEWアルバム「ゼイタクビョウ」を買った♪

zeitakubyou.jpg
「ゼイタクビョウ」

メジャーデビューアルバムでシングル3曲を含む11曲。どれも甲乙付けがたい曲で良いアルバムです♪



zeitakubyou.jpg
「ゼイタクビョウ」@ONE OK ROCK
【収録曲】
1.内秘心書
2.Borderline
3.(you can do)everything
4.夜にしか咲かない満月
5.努努−ゆめゆめ−
6.カゲロウ
7.Lujo
8.ケムリ
9.欲望に満ちた青年団
10.エトセトラ
11.A new one for all,All for the new one


ボーカルTakaの声、切れのあるギター・ベース・ドラムで聴かせてくれる11曲で、聴けば聴くほど良さが出てくる。

メジャーデビュー曲「内秘心書」の出だしのギターだけでワンオクの世界にグッと引きずり込んで「Borderline」「(you can do)everything」と続く。
「(you can do)everything」はアルバム1番のポップチューンでライブでの盛り上がりも激しそう!

次の「夜にしか咲かない満月」
この曲はアルバムのリード曲って事で疾走感と伸びやかなボーカルが聴き所!メッチャカッコイイ!

「努努−ゆめゆめ−」「Borderline」は夢を諦めないで行こう!あなたなら出来るとワンオク流の応援ソング。努努はダンスチューンでキャッチー♪

「カゲロウ」は前出の曲からすると意表をついた曲。名曲で聴き込むとどんどん世界が広がる感じ。ワンオクだからアルバムに入れた曲でワンオクじゃなかったらシングルにしたい曲とラジオでも言ってた。

「Lujo」はアルバムならではの曲。インパクトあるけどブチ切れ過ぎでデモを作った段階で怒られたと。伝えたい事を含んだ「ゼイタクビョウ」を飾る曲。歌詞に『贅沢』が入ってるのはこの曲だけ。

「ケムリ」はこのままじゃ世界が終わるというメッセージ性の強い曲。

「欲望に満ちた青年団」は好きな曲の中の1つ。ワンオクの事を歌った曲で、これからを見据えた曲。

「エトセトラ」はこのアルバムを締める曲。
「A new one for all,All for the new one」が最後に収録されているけどストーリーと外れている曲で、この曲はワンオクデビューのきっかけになった方が若く亡くなってしまってその方に向けた曲


どの曲もこれからのワンオクロックの可能性を感じさせてくれる曲でヘビロテです♪


あ〜ライブ行きたい〜♪


posted by ロンドン at 19:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 素敵な音楽♪ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
BS blog Ranking ブログランキングranQ 人気blogランキングへ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。